ストレスが関係する病気【短期記憶障害が起きる全貌】

サイトメニュー

記憶がなくなって困ったら

病院

ストレスによって短期記憶障害が起きることもあります。日常生活に影響が出るようであれば治療が望ましいです。治療は精神療法が主に行われ、認知療法で記憶のゆがみを修正したり、催眠療法で嫌な感情を良い感情にすり替えたりして治療を目指します。

詳しく見る

治療が必要になる

看護師

短期記憶障害で悩んでいるということであれば、医療機関を受診するということが求められています。実際に医療機関を受診すれば適切な治療を受けれます。その際には、専門医を選択することがとても大事です。ストレスが原意であることも多いです。

詳しく見る

原因を明確にする

カウンセリングを受ける男性

短期記憶障害の場合には、ストレスが発生したことにより活性酸素が増加し頭の中に酸素や栄養分が行き渡らない状態が原因の一つになります。病院に行く時の一回の費用ですが、保険を使って3割負担の場合は\3000から\5000ほどです。

詳しく見る

脳の病気が原因で起こる

悩む女性

短期記憶障害はその日の日付や、少し前の出来事などを忘れてしまう状態です。認知症や脳血管障害などの病気が原因でも起こりますが、うつ病や統合失調症などの精神疾患に罹っている可能性があります。精神的なストレスが原因のことも多いです。

詳しく見る

目立った特徴がある

女性

ちょっと前の記憶がないなどいわゆる記憶が飛ぶといった症状のことを短期記憶障害といいますが、ストレスを原因とする場合や高齢者であれば認知症の前段階ということもあるようです。原因を探るためにもこの症状が疑われたら専門医に相談するべきでしょう。

詳しく見る

病院で改善する記憶障害

看護師

要因で異なる特徴と対処

次々と物事を記憶出来るという特性を持つものの、記憶に留めておける時間は短く、貯蔵される時間がせいぜい数十秒単位である記憶形式は短期記憶と分類されています。これが正常に行えなくなるのが短期記憶障害ですが、症状としてはつい先ほど行った事・聞いた事を想起出来ないといった事が起こります。短期記憶障害が起きる要因には幾つかの事が考えられ、代表的なものとして認知症の中核症状の1つとして起きるものです。次第に想起出来ない物事や時系列の範囲が広がって行く事が、特徴となります。また交通事故等の脳へのダメージが元となる、高次脳機能障害の症状としても起きる事があります。進行性にはならないものの、極端に想起力が落ちた状態が持続し易い事が特徴です。以上の2つは脳の直接的な変化が要因となりますが、心理的な強いストレスが元となる心因性記憶障害に拠って齎される場合もあります。ストレス要因の場合は短期記憶障害の程度としては限局的な事も多く、特定の内容であれば何らの支障無く記憶が想起出来る事もあるのが特徴です。ところがそれ故に、周囲から記憶障害と理解され難いという特徴も合わせ持っています。ストレスが起因と考えられる短期記憶障害については、病院での治療が注目されています。認知症や高次脳機能障害に拠る記憶障害の場合、脳に直接的・物理的損傷や萎縮がある為に、これを根本的に治癒する方法は存在しません。ところがストレス要因の場合、脳の機能的な性質は保たれている事から、ストレスが解消されると共に切っ掛けがあれば、記憶の機能が回復する可能性が想定されます。そして医学的に適切なアプローチが行われれば、実際に劇的な改善が見られる可能性もあります。しかも必要となる期間は数日間というケースも見られ、病院での医学的治療が注目される訳です。治療の内容としては、ストレスの原因となっている出来事や葛藤を明確化し、その解決を考えたり回避方法を考えたりする為の精神療法が主となります。短期記憶障害の症状が見られる前に精神科系の病状の経歴が見られる事もあり、継続的な治療の中でのアプローチとなる事も考えられます。また一時的な記憶力の改善と、原因と考えられるストレッサーの明確化を行う目的で、催眠や薬物療法が併用される事もあります。何れにせよ、精神科の領域となる事が多いアプローチ法となります。