ストレスが関係する病気【短期記憶障害が起きる要因】

サイトメニュー

脳の病気が原因で起こる

悩む女性

精神疾患が要因の可能性

短期記憶障害は、その日の日付や少し前にあった出来事などの記憶が無くなる状態です。加齢による脳の老化の場合は、認知症などが原因の場合もあります。気になる症状が見られる場合は、精神神経科の病院やクリニック、脳神経外科などを受診することが大事です。現代社会は男女共に多忙になっており、家庭や職場でもストレスを感じやすくなっています。一時的に過度なストレスが掛かってしまうと、うつ病や統合失調症などの精神疾患に罹ってしまうこともあります。うつ病や統合失調症などは、脳の病気のひとつなので短期記憶障害の症状が見られることがあります。統合失調症は幻覚や妄想などの陽性症状が見られることが多いですが、うつ病とは違い、病識が乏しいのが特徴です。家族に変化が見られる場合は、精神神経科の病院やクリニックを受診させることが大事です。少し前のことが記憶に残っておらず、生活に支障をきたしている場合は、なるべく家族が付き添ってあげることが大事です。病院やクリニックは、親切で丁寧な応対なので安心して通院ができます。現代は老若男女を問わず、忙しい生活をしている人が多いため、対人関係が複雑だったり、転職や結婚、引っ越しなどで環境が変わったりすると一時的に大きなストレスが掛かります。真面目で責任感の強い性格の人は、息抜きがうまく出来なかったり、自己評価が低い傾向があったりするため、精神的にストレスを感じやすい傾向があります。うつ病や統合失調症などの病気は、脳の機能が低下するため、短期記憶障害の症状が見られることがあります。短期記憶障害は少し前の出来事や、食べた物などを覚えていなかったり、日付や曜日などがわからなくなったりすることもあります。短期記憶障害は認知症や脳血管障害などの病気でも起こりますが、精神疾患が原因の可能性があります。憂鬱な気分が長く続いていたり、不眠や食欲不振などの症状が見られたりする場合は、精神神経科の病院やクリニックを受診することが大事です。地元で評判の高いクリニックや病院を選ぶと、信頼できる医療スタッフが在籍をしているので、安心して通院が出来る環境が整っています。