ストレスが関係する病気【短期記憶障害が起きる要因】

サイトメニュー

原因を明確にする

カウンセリングを受ける男性

原因や費用を理解しよう

短期記憶障害とは、ストレスなどにより短期の記憶が失われることをいいます。記憶には、長期のものと短期のものがあり、長期記憶は自分の名前や子供のころの記憶などを意味しています。一方で、短期記憶は数日前や1週間ほど前の記憶のことを意味しています。このうち、短期記憶障害になると、最近行われた出来事や接した人の名前さえ忘れてしまう傾向があるわけです。この原因としては、まだ明確なことはわかっていないもののストレスにより活性酸素が増加し脳にまで酸素や栄養がいきわたらない状態が考えられます。もちろん全く酸素がないと意識を失ってしまいますが、常に通常よりも酸素が欠乏している状態の場合に起こりうるとされています。似たような例としては、ストレスにより発生することで、髪の毛が抜けたりすることが考えられます。これも十分に血流が流れておらず酸素がいきわたっていない状態です。それと同時に栄養分が行き渡っていないことも原因として考えられるでしょう。短期記憶障害をなくしていくためには、有酸素運動などの血流が良くなる運動をすることが重要になります。それだけでなく、精神科や心療内科に行けば処方せんとして精神安定剤をもらうことができます。短期記憶障害によるストレスの場合には、病院に行くことで一時的に解決することは可能になります。病院に行くことで、処方せんを受け結果的にストレスを解消することにより短期記憶障害をなくそうとするわけです。この時、医者によるカウンセリングなどが行われることもありますがすべての病院でカウンセリングが行われるわけではありません。ただ、最低でも医者との会話は行われますので薬と合わせると毎回\3000から\5000ぐらいの料金がかかると考えて間違いありません。保険に関しては適用されますので、患者は3割負担になります。ただ、後期高齢者の場合は1割負担になりますのでもう少し安くなると考えてよいでしょう。ですが、今後後期高齢者の1割負担も増加する傾向が見受けられますので、やがて3割負担になることも予想することは容易いです。そうすると、年齢に関係なく健康保険に入っていれば3割負担になると考えておくべきです。もし、薬の処方をしない場合には\3000以内のこともあるでしょう。